ケリの威嚇行動はやっぱり凄いと思う

以前にも書いたのですが、春になると蟹江周辺ではケリが営巣・産卵・育雛(いくすう)をします。

水田の土起こしと地ならし、水田の水張り、田植え時期は、ちょうどケリが子育てする時期と同じです。

ケリは人の生活の循環に合わせて、子育てするようになった鳥と言えるでしょう。

最近は稲作の大型化のために、トラクターや田植え機が入り易いように、田んぼの一面がとても広くなりました。

飛島村松之郷の田んぼでは、広い田んぼそれぞれがケリの番いが営巣しています。

営巣場所が畦か農道脇の叢なのか分かりませんが、その辺りに巣があることは間違いありません。

農道に車を停めて道路に出てみると、ケリがけたたましい鳴声を上げて、空中を飛んで来て威嚇してきます。

目の前まで飛んで来たかと思うとさっと翻って飛び去ります。

少し経つと近くの水田に降りて様子を見ています。

それからまた飛び上がって近くまでやってきます。

そのキキーッという鳴き声もうるさいほどで、ケリの苛立ちの様子がよく分かります。

車から出ないままでいると、近くまでやってきて羽を広げて鋭い目つきで威嚇します。

人間なら表情で怒っているのは確認できますが、ケリも怒っている形相をするのが分かりました。

その時は羽を広げて、脚を曲げて低い位置になり威嚇するのです。

しばらくすると、飛び立って相手がどう反応しているかを確かめるような行動をします。

威嚇行動の効果を確かめているようで感心してしまいます。

この周辺ではカラスがオオタカやノスリを追いかける姿を見て、一番強い鳥だと思っていましたが、ケリはそのカラスをも容赦なく威嚇し追いかけます。

確かに営巣・産卵・育雛している時期には、縄張りやヒナを守ろうと他種の動物にも攻撃するモビング行動は一般的に見られるのですが、威嚇行動がこれほど凄い鳥は他に見たことはありません。

このケリの威嚇行動を見たら、車に乗っている女性は怖くて外には出られないだろうなと思ってしまいました。

(チドリ目 チドリ科)

カモ撮りこうちゃん