秋の七草を探しに行こう

昔から春の七草、秋の七草と呼ばれる植物があります。

今回は、秋の七草について話します。

秋の七草は万葉集の山上憶良の歌に由来するようで、「秋の野に咲きたる花を指折り(およびおり)、かき数ふれば七種の花 萩の花、尾花、葛花、撫子の花、また女郎花(おみなえし)、藤袴(ふじばかま)、朝顔の花」に出てくる植物たちです。

秋の野山に出かけて、対応する植物を探し出すことができるか、是非試してください。

ハギは3枚葉のマメ科の花ですが、蟹江周辺ではアレチノヌスビトハギがたくさん咲いています。

種ができるとズボンにくっついて、取り除くのに一苦労します。

ハギのイメージの枝垂れるハギ(落葉低木)は、こちらでは余り見かけません。

尾花はススキのことで、単子葉植物ですね。

クズはマメ科の大きな3枚葉で、土手や線路わきでよく見られます。

花は重なって深紅とピンクの色合いの花を咲かせます。

ナデシコは野生のナデシコの花を見かけたものですが、最近は見かけていません。

ホームセンターでは園芸種が販売されています。

オミナエシは野生のものは一度見かけただけです。

宮城県の王城寺原演習場の敷地のネットの端に咲いていたのを、印象深く覚えています。

見かけるものは栽培された園芸種で、生け花用が殆どです。

フジバカマは野生種を時々見かけます。

隣の庭ではフジバカマが毎年咲いています。

ご主人が野草に興味があり移植したということです。

アサガオは、私たちが考えるアサガオではなく、キキョウかムクゲではないかといわれています

私たちが見かけるアサガオは、江戸時代に中国から持ち込まれたものです。

ムクゲは韓国の国の花ですね。

この歌のアサガオはキキョウ説が有力のようです。

これからの季節、秋の七草を探しに出かけてください。

カモ撮りこうちゃん