死んでいるモグラを見つけた

関西線の永和駅脇の沼付近の畦道で、モグラが死んでいるのを見かけました。

山形の笹谷トンネル付近の道路でも見かけたことがありました。

地中で生活しているモグラに会う機会は殆どない筈なので、出会うとしたら死んだ状態でしょう。

今年は猛暑で雨も降らなかったので、地中も相当に暑かったと予想できます。

ミミズも地中の暑さで地上にはい出てきて道路で死んでいるのをたびたび見かけます。

よく言われるように、モグラの前足は大きく土を掻き易くなっていますが、後ろ足はそれほどではありませんでした。

なるほどなあと思ったものです。

このモグラは暑さで死んだのではないかと予想していますが、後ろ脚の脇の毛がなくなってただれています。

それが原因で死んだのかも知れません。

この死んでいる状況からは肉食動物に襲われたとは考えにくいようです。

庭や畑の周りにヒガンバナを植えているところがありますが、これはモグラが侵入しないための対策だと聞いたことがあります。

本当なのでしょうか?